小学生

小学部講座説明

難関・有名私立中学校や都立中高一貫校の合格を目指す小学生のためのコースが、誠亘会の小学部です。
小1~小6対象のアドバンス講座、小4~小6対象のベーシック講座、都立中高一貫校の合格を目指す小6対象の都立中高一貫対策講座の3つの講座を軸に、中学受験生たちの志望校合格を現実のものとすべく、妥協することなく徹底的に指導をしてまいります。
以下、各講座の概要です。

ベーシック講座

●開講学年: 小4~小6
●開講教科: 国語・算数・理科・社会 ※国語・算数の2科目受講も可能です。
●指導概要:

カリキュラムは質の高い教材として定評のある四谷大塚の「予習シリーズ」に沿ったものになります。中学受験に必要な単元学習を網羅し、幅広い志望校に対応した学習内容となっています。正しい学習習慣を身に付け、入試問題の対応力の土台を築きます。
毎週新しい単元を学習していきますが、小4算数と小5小6の全教科で復習テストを実施することで、学習内容の理解度・定着度を確認していきます。また、5週に一度の総合回で、1~4回分の学習単元の復習を行い、週末に行われる四谷大塚の「公開組分けテスト」を受験し、学習の定着度を明確にしていきます。
小5からは各授業日に「演習」を設け、復習テストや講義内容の復習を習ったその日・その場で担当講師がいる中で行うようにします。そうすることで、学習の密度を上げ、効率化を図り、家庭学習に取り組みやすくしていきます。

アドバンス講座  ※小4~小6の受講目安は、偏差値55以上です

●開講教科: 算数
●開講学年: 小1~小6
●指導概要:

難関私立中の入試問題への対応力を強化するための発展的な内容を誠亘会オリジナルのカリキュラムとテキストで学習します。
小1~小3までは、計算の基礎に加え、それ以上に「数の規則性」「場合の数」「平面図形」「立体図形」など柔軟な思考がより必要になる学習単元を中心に講義を行っていきます。
小4からは、予習シリーズのカリキュラムよりも「早く」「深く」学習を積んでいくことで、同単元の反復学習により多く取り組むことができ、入試を意識した実践力を養成していきます。

●開講教科: 国語
●開講学年: 小3~小6
●指導概要:

より早い段階から、正確に文章を「読み取る力」を養成し、正確に問題を「解く力」を伸ばしていきます。
小3と小4では主に「精読」と「語彙力強化」に時間を割いていきます。まだ文章読解に慣れていない学年だからこそ、講師と一緒に文章を読み進めながら、様々な表現や語彙を細かく解説して、正確に文章を「読み取る力」を養成していきます。
小5からは難関私立中に出題されるような豊富な語彙量の文章を扱い、読解力を徹底的に鍛えます。実戦形式で問題演習をし、文章内容と正しく解答していくためのプロセスをわかりやすく解説していきます。また、記述形式で解答する設問も多く扱い、「記述力」強化もしていきます。

都立中高一貫対策講座

●開講学年: 小6
●開講教科: 文系・理系・作文
●指導概要:

都立中高一貫校の適性検査(入試)は、私立入試対策とはまた別の対策が必要です。長い問題文から必要な情報を正確に読み取り、積み上げた知識を利用し、論理的思考を駆使し解答を作成する力が求められます。
その力を養成していくため、文系・理系の授業では、知識事項を細分化して着実に理解・定着を図りつつ、本番の適性検査を意識した「思考力・判断力・表現力・分析力」を必要とする問題を演習し、蓄積した知識を活用するトレーニングを積みます。
作文の授業では、文章の精読を行い、文章構成と筆者の主張を正確に理解し、適性検査の作文に求められる要約力を身に付けていきます。また、授業で書いた作文を担当講師が細部にわたって添削指導をすることで、合格する作文力を養成します。

日曜錬成講座 ※9月より開講

●開講学年: 小6  ※必修講座
●開講教科: [私立] 国語・算数・理科・社会 [都立] 文系・理系・作文
●指導概要:

9月以降、入試まで5か月という中で、志望校合格に向けた対策を本格的に行います。そのため、日曜日には過去の入試問題や頻出単元の学習を積み、入試への意識をより高めます。

費用・時間割  >>こちらから