中学生

中学部講座説明

勉強も部活も遊びも『全部全力』の精神でやり抜いてもらいたいと誠亘会では考えています。
その中で、具体的に自分の目標を持ち、幅広い進路選択の中から志望校を決め、合格へ繋がるよう、我々講師陣が学習面を全力でサポートしていくことをお約束します。
学校の内申対策・高校入試をより早く意識し、その学力のベースをしっかりと築き上げるベーシック講座、都立自校作成校・難関国私立高校への入試に対応したアドバンス講座であらゆる志望校へ対応した授業を展開していきます。
以下、各講座の概要となります。

ベーシック講座

●開講学年: 中1~中3
●開講教科: 国語・数学・英語・理科・社会 ※理科・社会は中3から授業が行われます。
●指導概要:

高校入試に必要な単元学習を進め、受験に対応すべく確固たる学力の土台を築き上げる講座となっています。
各科目、公立中学のカリキュラムよりも早い進度で学習していきます。これによって、塾での学習の復習として学校の授業があり、定期試験対策などを通して同じ単元をもう1回学習できるサイクルをつくり、高校入試への対応だけでなく、学校の内申対策にも万全な指導を行っていきます。
また、アドバンス講座受講生を除く中1~中3のベーシック受講生は毎週土曜日にベースアップ演習を行います。ベースアップ演習の詳細は次のページでご説明します。

アドバンス講座  ※中2・中3の受講目安は、塾内学力テストで偏差値55以上です。

●開講教科: 数学
●開講学年: 中2・中3  ※中2は9月より開講します。
●指導概要:

難関高校の数学の入試問題と言っても、最も大切になるの基礎計算力です。計算問題だけでなく、関数や図形といった単元においても基礎計算力が身に付いていなければ、難関高校の入試問題へは対応できません。また、頻出単元でありながら、苦手とする受験生が多い図形や関数は、公式の他にあらゆるパターンを習得していくことが求められます。
そして、近年の傾向として多く見られる、読解力・分析力を求める思考力問題への対応力も強化しなければなりません。
アドバンス講座では、近年の難関高校入試問題の研究に基づき、より早く・より深く単元学習を進めていき、講義だけでなく生徒自身が問題演習に取り組む時間もとり、基礎計算力の強化や単元のパターンの習得、思考力問題への対応力を養成していきます。

●開講教科: 英語
●開講学年: 中2・中3  ※中2は9月より開講します。
●指導概要:

近年の難関高校の入試問題は、高校範囲の語彙・文法事項の知識が必要となる場合が多く、1500~2500語程度の長文を制限時間内に読み解いていくことになります。
その為、多くの時間をかけ、広く深い知識や早く正確に問題を解き進めるテクニックを身に付けていく必要があります。
アドバンス講座では、中3の夏までに語彙・文法事項のインプットをしつつ、それと並行して長文慣れを進め、早い段階から難関高校入試問題への対応力を磨いていきます。
また、最新の難関高校入試問題の研究に基づき、志望校の傾向と対策を行います。

中高一貫生 個別指導

●対象: 私国立・都立中高一貫校に通う中1~中3
●開講教科: 詳細はお問い合わせください。
●指導概要:

ハイレベルな中高一貫校の学習内容に対応し、学習ペースを整え、学校成績の維持向上を図ります。
生徒個々の学習状況に合わせカリキュラムを決定し、授業を行います。また、授業外で生徒面談を定期的に実施し、学習目標を設定して具体的な学習法について伝えます。

費用・時間割  >>こちらから